2019年08月

2019年08月26日

秋ですよ 文佳人純米秋あがりできました

高知県土佐山田町のアリサワ酒造から秋にぴったりな酒が入荷しました。

KURA MASTER2019
純米部門 金賞受賞

金賞の首掛けが付きました。

th_DSC07498

文佳人 純米酒 秋あがり
720ml ¥1,250 (税込¥1,350)


夏の終わりを感じる朝晩です。
急に涼しくなりました。
秋の味覚と このフルボディータイプの純米酒で、ゆっくり 一杯やりませんか。

今夜はこれをおすすめします。






 

uchidasake at 11:47|PermalinkComments(0)日本酒・焼酎 

2019年08月25日

10月1日から郵便料金なども

消費税率の改定に伴い、郵便切手、郵便はがき、レターパックなど料金変更。ゆうパックなどの基本運賃も変わります。


th_DSC07451

当店でも新しい額の切手
63と84、販売始めました。
可愛いミッフィーのシール式。


今の62円と82円は
足らない分の
1円切手とか2円切手とか
張り足したら使えます。

ころころどんどん変わるので

「今いくらかねえ
はがきの切手?」

よくきかれます。


はがき

物価も情勢も変わり
昭和、平成、令和、
そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと
きっと

2019年10月1日から
はがきの切手63円になります。

 


 


uchidasake at 16:00|PermalinkComments(0)内田酒店 

2019年08月24日

夜の牧野植物園と焼肉

嫁サボってないよ

日曜日夕方から
夜の牧野植物園で女子会
牧野先生をパシャッ


IMG_4779
 
「夜の植物園」クイズに答えて
ノベルティーボールペンを貰う
 
汗だくでスタンプラリー

IMG_4787


夜咲き植物を探す
ミズーリ、サガリバナ、
ツキミソウ、マツヨイグサ
よるがお、ゆうがお、
ディスコカクタス、
アングラエクム・セスクィペダレ

IMG_4786

th_DSC07452

虫に刺されながら
南園を3周して
汗だくで全問制覇
園オリジナルグッズをゲット


th_DSC07454
 

ガンバリマシタ


お友達に送ってもらって
帰ったら屋上コウコウと明かり



IMG_4789
 
ウッチーが一人ぷっはー
焼肉をしていました


ヨットにシーカヤック
女子会で
スタンプラリーで
焼肉に参加
日曜日を満喫しました


定休日に乾杯

 


uchidasake at 21:00|PermalinkComments(0)嫁サボって・・・ 

2019年08月23日

モルト会とヨット

8月17日土曜日はモルト会でした。

th_DSC07440


テーマはカラカラ〜ンと
ホワイトリカー!

th_DSC07433

ジンに始まり

th_DSC07434
 
テキーラ&ラム


th_DSC07437

カルバドスと

th_DSC07438

フランボワーズなど


th_DSC07439


th_DSC07424


th_DSC07429

参加の皆様
ありがとう

th_DSC07445

翌日曜日は
ヨットに乗りに夜須へ
天気の良い日曜日
波と風に戯れて来ました

th_DSC07443

YASU海の家クラブ


th_DSC07444





2019年08月22日

船中八策の酒粕クリームチーズ

「船中八策」の吟醸香
酒粕の芳醇な風味
クリーミーでまろやか
思い浮かべた通りの
オシャレ和チーズ



image_sakekasucheese




なめらかな舌触りでコクのあるオーストラリア産クリームチーズを、司牡丹の人気商品「船中八策」超辛口純米酒と、「船中八策の酒粕」、砂糖と塩を混ぜ合わせた漬け床で漬け込みました。
お好みのサイズにカット、または、スプーンですくって。
そのままはもちろん、いぶりがっこにのせたり、酒盗をのせたり、鰹節や小葱をまぶしたり、海苔や生ハムなどで巻いたり、工夫次第でオシャレにアレンジ。
試して味見て盃がすすむ。
今夜はこれをおすすめします。



sakekasucheese_s


price_sakekasucheese

 【注意】本品にはアルコール(約2%)が含まれています
お子様や、運転前の方、お酒に弱い方はご注意下さい。
製造日より要冷蔵にて6ヶ月の賞味期限。







uchidasake at 19:59|PermalinkComments(0)酒の肴 

2019年08月20日

エコーとわかば

「わかば」、「エコー」、「ゴールデンバット」の3銘柄は10月以降、当社の在庫売り尽くしをもって販売を終了し、廃止することに。

でも、大丈夫!
ご安心ください。


th_DSC07450
 
これまで長年ご愛顧いただいておりますお客様に引き続きお求めいただけるよう・・・

変わらない味と価格で新登場!

「わかば・シガー」360円
「エコー・シガー」350円
リトルシガーとして新発売!






リトルシガーとは、

リトルシガーとは、たばこ葉を原料にして作られた巻紙でたばこを巻いた商品であり、葉巻の一種です。豊かで香り高いことが特徴であり、たばこの味わいをよりゆったり愉しんでいただける商品です。 



 

uchidasake at 20:00|PermalinkComments(0)

2019年08月17日

営業時間変更と定休日のお知らせ


th_DSC07228

晩ご飯はチーズタッカルビ
食べながら店番。
配達は夜7時まで
閉店は夜9時です。
 


th_DSC07227

今日のランチはガパオライス
店番しながら食べながら
土曜日は9時から9時の営業

日曜日は定休日。


永らく年中無休
日曜日は夕方からの営業
でやっていましたが
人員減 のため
日曜日を定休日にしました。

お客さんが
「働き方改革やね」
と言いました。
今話題のそれです。
そうなりました。

どうぞ宜しくお願いします。

BlogPaint




今夜はモルト会です。









uchidasake at 13:30|PermalinkComments(0)内田酒店 

2019年08月16日

とんちゃん 黒沢湿原 松尾川温泉

8月11日 日曜日
午前中の仕事を片付け
定休日ゆっくり始動。

th_DSC07337


すでに
行列のひばり食堂をパスして

th_IMG_0921


焼肉とんちゃん に向かいます。 
阿波おどりの旗や看板、
徳島県三好市池田町字サラダの 
とんちゃん。 
こちらは行列はなし。 
ご常連で賑わっています。 

th_IMG_0920


まずは、ハラミ、とんちゃん、タンと
ノンアルコールビールで
肉肉肉、エネルギー補給万全

th_IMG_0919


三好市の黒沢湿原目指します。
クロゾーシツゲン
右へ左へ狭い山道を
えっちら おっちら16キロ
黒沢湿原に到着。

th_DSC07348


th_DSC07349


山奥の中腹に突然姿を現す湿原は
さぎ草の群生地で
1週3キロ約40分の遊歩道。

th_DSC07351



th_DSC07362

取り敢えず
湿原の端っこの
たびの尻滝を目指して 
てくてく 歩き始めます。

th_DSC07372



山奥でもちっとも涼しくない。
湿度と日差しが高く強く
嫌になりながら往路から復路に。

th_DSC07379

谷を吹き抜ける風
しばしの涼で休憩

th_DSC07387


イヤに赤い木があると思いながら
歩いた 黒沢湿原はお宝の山でした。
秋には関係者ヤキモキするのでしょうか?


th_DSC07398


th_DSC07407


遠足終わり帰路に
一汗かいたので近くの
松尾川温泉でさっぱりして

th_IMG_0923

こんこんと湧き出源泉かけ流し
アルカリ性の単純硫黄泉。
美肌効果もあります だって。


th_IMG_0924


山道を国道32号線に 

th_DSC07418


th_DSC07419

家からちょうど往復180キロ
のんびり休日ドライブでした。
 







 


2019年08月15日

夏旅 小豆島 3


日曜日 夏旅 瀬戸内芸術祭 
午後になりました。

島の北の大部から
寒霞渓を超えて南下
草壁港・坂手港へ。

もう、ごはんの時間です。
だんぜん「島の光そうめん」
絶対食べたいです。
そうめん屋を探しググります。


IMG_4728

なぜか、港の定食屋がヒット
美味しそうなので入ります。
ひしお飯 と ハモの卵とじ定食

th_IMG_4727


お吸い物、色が味が風味が
日常とぜんぜん違う
「醤の郷」醤油の町だなあ

食べて落ち着いたので、さあ
暑い外へ次へ行きましょう!!


IMG_4732

すぐそばの坂手港の待合に
「ヤノベケンジ」の絵巻壁画作品
本日4つ目のアート
暑いのでじっくり鑑賞はしません。


th_DSC07287

坂手港のとっさき5つ目のアート
港の灯台よろしく
ゆっくり回るミラーボール
キラキラ メタル カッコイイ

2013年瀬戸芸の作品が今も恒久展示

ヤノベケンジ
「スターアンガー」

帰ってきてから旅の復習で、2012年のユーチュブ見つけた。だんぜんこっちがカッコイイ。昼の港のキラキラもメタルかっこよかったけど、ミラーボールは夜だ。ミラーボールは移り動く反射の光がいい。ガイド本も見つけた。倒産前のBT こんな特集もあったのね。
美術手帖 2013年 3月号増刊 瀬戸内国際芸術祭 2013 公式ガイドブック アートをめぐる旅 完全版 春

ググれば いろいろ掘れる。

リアルタイムでなくっても
掘れるのは いいね!


IMG_4729


船への跳ね橋

さあ 次!
ヤノベケンジの前の作品、恒久展示に!坂を登っていきます。霊峰・洞雲山へ。

th_QCGK2390

ヤノベケンジとたけし

本日6つ目!。
起動時間になると神の口から、ダーダージャージャー 水が、けっこうな水量。ここは、美井戸(ビート)神社なのね。手を合わせます。

そう、次のポイントへ向かいます。
が、疲れたので
マルキン醤油ソフトクリーム
休憩します。
「醤の郷」
町の匂いが醤油です。

今回、一緒になった瀬戸芸観覧者の多くは、スタンプラリーのようでした。ポイント全部回るのでしょうか。すごい過酷なスタンプラリー。
過酷な真夏のラリーです。


バイクで島一周
楽しく走っていますが、
こちらも過酷、疲れてきました。

炎天下5時間超えて・・
続きは、またにする?
いや、あと一つ。


th_DSC07292


本日7つ目
三都半島の「潮耳荘」


th_DSC07293


th_DSC07295

音を聞いて ・・

th_IMG_0913


手延そうめんが食べたい。
ですが、限界です。

島滞在7時間、
撤収します。

土庄スタートJPG

今すぐ乗れる船の時間
池田港から帰ります。

th_DSC07311

夕方から高松港では
野外イベントをやっていましたが
ノンストップ
バイクから車に乗り換え撤収です。

IMG_4746


暑さでやられました。
カフェとか、うどんとかより
もう家へ帰りたい。
汗と潮でベタベタです。
そうだ!
今だ!
前から行きたかった仏生山温泉
ひとっ風呂浴びて行くことに。

日帰り温泉
夕方の露天風呂
良かったー
水風呂サイコー

家で ぷっはーが一番です。
早く帰りましょう。


いい旅でした。

でも、春か
秋が いいね。







uchidasake at 08:00|PermalinkComments(0)嫁サボって・・・ 

2019年08月10日

夏旅 小豆島 2

夏旅 瀬戸芸 遠足前夜
ちっとも眠れなかったので
早朝だというのに冴えきって
珍しくウッチーを助手席に出発です。
高松まで休憩なしですから
ノンストップ運転交代なし。
80キロ規制の所も70キロまでしか出ず
上りですからベタ踏みです。
アドレス110も搭載してますから
5〜6千回転、燃えています。
ノロノロ抜かれながら・・
今回の旅は、仕事車ホビオ&原付きで。

th_IMG_0879 (1)

 高松中央で高速を降り
フェリー乗り場の近くに駐車。
ホビオからアドレス降ろし
リュックに冷凍茶を背負い
高松港へ直行。

「瀬戸内芸術祭」
本日1つ目の作品、港の展示
リン・シュンロンの
「国境を超えて・海」
を横目にスルー。
漂流した巨大な椰子の実みたい。
中に入れるらしい。
先を急ぎます。
乗船整理のおんちゃんが船出るよ
これに乗りというので
朝うどんもトイレ休憩も無く
チケット買って船に乗り込みます。

ロスタイムゼロ。
 

th_IMG_0881

400円の船のうどんで
やっとホッとし一息つきます。

島に着いてしまいました。
予定より一時間も早く
8時半。早すぎです。

予定の池田港でなく土庄港に。

行きたかった土庄の
「迷路のまち」¥300は
9時半〜。一時間後です。 

早すぎです。
旅は予定通りにはいかないもの。

「世界で一番狭い海峡」を横目に
「とりあえず遠くから始めよう」
ウッチーがバイクを東北東へ

th_IMG_0890


天然記念物好きですから
巨樹好きですから
樹齢1500年以上の
宝生院のシンパクじっくりと
清々しい参拝です。

th_DSC07239


さらに10分くらい東進。
今回の目玉に到着。
さあ「アート」です。

係員がまだ来ていません。
まだ9時半前だから
佇む風景を鑑賞。
 

th_DSC07240


高さ15m 大きい。
棚田の王蟲のよう
すでに何人か並んでいます。
 

th_IMG_0891


ワン・ウェンチー(王文志)の竹の作品
2010年「小豆島の家」
2013年「小豆島の光」
2016年「オリーブの夢」
同じ場所で作って壊され

そして今回
2019
「小豆島の恋」

ずっと実物見てみたかったけど
やっと来ました。

th_IMG_0897


次々と観覧者が棚田を下りてきます。
朝9時半オープン直後
すでに暑くてたまらない気温。
作品体感、寝てみます。

地元の方たちと竹、4千本切り出し、今年の初めから作り上げたらしい。春には竹が、青々していたらしい。


th_DSC07257


th_DSC07263


th_IMG_0902


さあ次に行きましょう
さらにバイクで東北東へ
大部港に向かいます。

山を超え海岸線を走ります。

本日のアート3個目。
ネイチャーではなくアート。
 
 

「国境を超えて・波」
リン・シュンロン(林舜龍)

 

th_IMG_0907

地元の方たちも協力した7千本の竹で組まれた立体アート

鑑賞者は私達だけ
ラッキーです。
すいてます。
竹アートの内部に入ります。
神様呼ぶように綱を揺らし
カシワでは打ちませんが
鈴を鳴らします。

鈴の音がいいです。
竹の風鈴も。

明かりが灯るという
夜も見てみたい。

DSC07269


街角に立っていたガイドのおじさんが教えてくれた「2016年に展示されていた作品の「国境を越えて・潮」砂でできた子供 196人のうちの一人が海から帰ってきた」の子供は、満潮につき、頭のてっペンしか見えませんでした。


旅の目的の見たかった二作品を見たのでもう満足です。暑さで疲れました。
寝てないし。

小豆島といえば、そうめん、オリーブ、ごま油、醤油。
ランチの時間です。
お腹もすいてきました。

アートよりイート。
ダジャレも出てまだ元気です 。

駐車場のおばちゃんの手作りお寿司を買い「 対向車はめったに来ないけど、凄いクネクネだから気をつけて 」と見送られ、31号線を寒霞渓に向かい上ります。

途中、バイクで、猿に会うと怖いなあとビビっていましたが、会いませんでした。
ウリ坊には会いました。


th_DSC07275


th_DSC07280

寒霞渓でバイクを止め
山頂で瓦投げをする人を見ながら
オリーブソフトクリームを食べ休憩。

次は島の南側、草壁港へ
29号ブルーライン下ります。

IMG_4712


木陰をバイクで走ると
暑さを忘れるいい風です。

IMG_4721

立派なダムを見て、
走っていると風が涼しいですが
止まると蒸し暑くたまりません。
先を急ぎます。


続く・・・








uchidasake at 16:42|PermalinkComments(0)嫁サボって・・・ 
ギャラリー
  • 燕や猫みたいに助けて 
  • 燕や猫みたいに助けて 
  • 燕や猫みたいに助けて 
  • 燕や猫みたいに助けて 
  • 燕や猫みたいに助けて 
  • 小野大輔氏プロデュース司牡丹 純米酒 AMAOTO 入荷
  • 消費税率改正に伴うTSN取扱たばこの定価改定のお知らせ
  • お待ちかね 南 純米大吟醸 山田錦 入荷!
  • 大七 純米生もと冷やおろし