2020年04月

2020年04月15日

菊水アルコール77

少しだけ入荷しました

IMG_5622


いま一番ホットなスピリッツ

ご予約の方お早めにどうぞ

菊水酒造から発売の77です

500ml 税込¥1,320

予約分で完売しそうです 


uchidasake at 12:04|PermalinkComments(2)日本酒・焼酎 

2020年04月13日

モルト会

モルト会

先月3月14日土曜夜8時から

th_DSC04379

イエロースポットとレッドブレストで モルト会の開始です


th_DSC04381

今回のテーマは
山崎さん提案の
グレンファークラスとグレンリベットの対比

何故?
山崎さんが発表・・
聞き逃しました
まずは定番12年から

th_DSC04383

12年の後は 当然15年

th_DSC04385

グレンファークラス105
グレンリベット な

th_DSC04387

グレンファークラス15
グレンリベット12フレンチオーク

th_DSC04390


th_DSC04393

今回は参加7名

th_DSC04395

ラストはスペシャリテ!
 
年内最後の会になったのかもしれません
 


uchidasake at 18:57|PermalinkComments(0)モルト会 

2020年04月11日

「夏の生酒」の季節が始まります 司牡丹船中八策 零下生

今夜のおすすめ日本酒

美味しい鰹の季節です
おうち居酒屋ならぬ
家で鰹まつり如何ですか
夏向け超辛口が入荷しました
鰹はこの土佐酒で!

IMG_5602

つかさぼたん   「せんちゅうはっさく」れいかなまざけ
司牡丹 船中八策 零下生酒
720ml 税込 ¥1,727
1.8L 税込 ¥3,432 





(高知県・佐川)司牡丹酒造(株)

初鰹はこれで。爽やかで旨さふくらみスッキリキレる辛口純米生。 

カツオやマグロなどの赤身と相性のいいのはもちろんのこと、特に季節柄、鮎の塩焼きには、香り味わいとも相性抜群。また、酸のキレが口に残る脂をスッキリとさせてくれるので、肉料理にも合う。


 [分析値]

 アルコール度数 16.0~16.9
 日本酒度 +8
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.3
使用米 アケボノ(岡山)、あさひの夢(岐阜)、山田錦(兵庫)
精米歩合(掛米・麹米) 60
酵母 熊本酵母

 
 
 
●今年( R1BY ) の船中八策零下生の味わいは
スッキリとした味わいの中に米の旨味が感じられる「船中八策」の生  らしい酒質となりました。穏やかに香り立つバナナ系の果実香、ほのかな甘さとキレの良い酸が口の中で膨らみ、いっそう旨味を増していきます。





日本名門酒会が提案する「夏の生酒」とは、一切の火入れをしない「本生 」の生酒です。

冬に搾られたお酒を一切“火入れ”をせずに低温貯蔵させ、3月~8月にかけて出荷します。
デリケートなお酒なので、その昔は夏場に生酒は楽しむことができませんでした。貯蔵・流通・梱包技術などが整った今だからこそ楽しめる贅沢な味わいです。
その特徴は、なんといっても清涼感あふれる瑞々しい味わい。 華やかな香りとフレッシュ感はそのままに、搾りたての頃の跳ねるような荒々しさは落ち着き、なめらかで軽やかな口当たりを楽しめます。 夏に旬な酒「夏の生酒」の爽やかな味わいは汗ばむ季節にぴったり。
キリリと冷やして旬の食とあわせてお召し上がりください。
~Summer Released Draft Sake ~
'Natsu no NAMAZAKE' is draft sake with fine fragrant aroma and refreshing flavours, which is released in the summer. The sake is brewed with new rice harvested in the previous autumn, matured at low temperature until the spring and bottled without pasteurization. 





  


uchidasake at 14:58|PermalinkComments(0)日本酒・焼酎 

2020年04月10日

筍 今夜も美丈夫うすにごりで

 酒の肴

 タケノコの季節です
 竹と旬で「筍」
 竹の一旬 今でしょ

 兄からLINEで
 タケノコ要るか
 もちろん即答 要る
 夜 掘ってきた
 二メートル離れて
 会話ほぼなく
 タケノコの受け渡し
 ありがたく頂戴いたす
 開店休業暇なので
 湯を沸かして待っていたので
 早速茹でる

IMG_5583

湯がきだちをヌタで
もちろん日本酒と
掘だち甘くて旨し

IMG_5592


翌日は鰹出汁で炊いて


th_DSC04433


今日の弁当には中華炒め
ピーマンでないから青椒肉絲ではない
春笋肉絲?
 
圧力鍋で炊いてミキサーにかけたが
春野菜の煮こごり風に入れてみたが
介護食には向かないみたい
タケノコは歯ごたえよね

今夜は どうする
鍋いっぱいのタケノコ

タケノコ始まりました










 

uchidasake at 14:21|PermalinkComments(0)酒の肴 

2020年04月09日

もつ鍋

嫁サボれない・・・

 今週の私のテーマ曲
 打首獄門同好会「はたらきたくない」
 頭の中を「はたらきたくないよ〜 ♪
 リフレインぐるぐる流れる

IMG_5587

マスク無しで咳する人がご来店
恐怖 換気 除菌 
はたらきたくないよ〜 ♪

隣の良心市にニラが出た 
肉屋でモツを買う 

コロナに負けんよう
がんばります
生活必需品の店として
営業し続けられるよう

今朝した夕飯の準備は
モツ洗って野菜切って
スープ調合、鍋ごし冷蔵庫へ
あとは火にかけるだけ

今夜は「もつ鍋」
誰にも会わず仕事もせず
食べて眠るだけならいいのに 

金が欲しくて働いて眠るだけ 
いいことばかりじゃありゃしない  ♪ 

録ってあった TV番組
忌野清志郎トリビュート!
ナニワ・サリバン・ショー2020
見ながら今夜は一人もつ鍋
の予定
酒は美丈夫うすにごり
と決めてます個人的に




お客様にも
美味しく楽しく飲める幸せが
続きますように 





 

uchidasake at 11:12|PermalinkComments(0)嫁サボって・・・ 

2020年04月08日

桜の季節だから ハナトコイシテ

今夜のおすすめ日本酒

新型コロナで、どちら様も経験したことないような 入学式、入社式、新年度、新生活。まったく気の毒な話です。コロナ未だによくわからない相手、息を潜め会わないように願い恐れ手を洗うだけ。
コロナのせいで先月、合う約束だった県外の文通友達に会えませんでした。(ホントは、バスに乗り遅れて行かなかったからですが・
・)その人が、心機一転赴任地が変わると聞き、酒を贈りました。

IMG_5579


新任挨拶やお祝い贈り物などの季節なのに、時節柄、テレワーク、人と会わない方がいいようで。取引先から、営業訪問いたしません のお知らせ 当店にも来ています。こんなときだからこそ、ちょっとした贈り物などしてみませんか。一筆添えて。


今夜のおすすめ日本酒は、

司牡丹
(高知県・佐川町)特別純米酒
ハナトコイシテ
360ml 税込¥890

(二合瓶) の 贈り物

 「植物の父」「世界のマキノ」と称された日本植物学会の巨人・牧野富太郎博士の生家は、屋号を「岸屋」と称し、代々佐川の地で酒造りを営んでいました。明治の中頃、牧野博士はこの酒蔵を人手に譲り上京し、植物研究に生涯を捧げます。牧野博士による植物の新種の発見命名と分類変更は約2,500種におよび、実に日本の全植物の約3分の1の名付け親となっており、まさに「日本植物学の父」と称されるゆえんです。そして、「草をしとねに 木の根を枕 花と恋して九十年」と自ら詠んだ通りの生涯を、昭和32年(1957)94歳にて終えるのです。没後文化勲章受章。
 そして、平成24年(2012)、「牧野富太郎博士生誕150年」を記念しこの「ハナトコイシテ」は新発売となりました。まさに「花と恋して」と呼ぶにふさわしい花のような香りを宿した、爽やかで飲みやすい味わいの特別純米酒です。また、手軽なギフトに最適なミニサイズですので、様々な機会に、牧野博士の恋した季節の花々に添えて、大切な方への贈り物などにご活用いただけましたら幸いです。

櫻花朝日に匂ひ咲きにけり 牧野
th_IMG_E5540

写真は先月末の五台山・牧野植物園
th_IMG_E5545
こんこん山から南園・温室を見下ろし

th_IMG_E5546
こんこん山から東に「高知南国道路」が見えます



 ちなみに牧野富太郎博士の生家「岸屋」はその後、司牡丹酒造に譲られますが、昭和中頃の台風で大半が倒壊し、一棟を残すのみとなっていました。この一棟は、牧野博士の勉強部屋であった建物らしく、長らく「牧野蔵」として町民に親しまれてきましたが、平成16年の連続台風にて残念ながらこれも倒壊してしまいましたとさ。




uchidasake at 11:57|PermalinkComments(0)日本酒・焼酎 

2020年04月07日

季節は白ワイン! コジェイタ

今夜のおすすめワイン

先々月 2月、東京のスペインワインのインポーターさんが車ではるばる営業にやってきた。あちこち回って旅の終わりの方だったからか、コロナ深刻さ増す今とは違う爽やかな笑顔。「トンネル抜けてパーッと高知に入ったときの爽快感、高知はいいところですね。スペインを思い出す」とか言って。
たくさん試飲して仕入れた中から今夜のおすすめを一本

春の終わり初夏の始まりにぴったりの爽やかな白


IMG_5568



スペインのリベイロから

麦わらの様な淡い黄色い輝きのある色調。ほのかにリンゴや洋梨の香り。味わいはフレッシュで若々しく、爽やかグレープフルーツの様でもあり、後味にほんのり上品な果実味。ワイン単体でも楽しめるし、幅広いお食事とも合わせやすい辛口白ワイン。鯛とかアスパラとか、旬の食材と!
 
さあ、おうち居酒屋

楽しい食卓に一本
 
今夜はこれをおすすめします




スペインの辛口白ワイン
コジェイタ
ビンテージ 2018
産地呼称:D.Oリベイロ
ぶどう品種:パロミノ60% トレイシャドゥーラ40%
アルコール度数:11.5%
醸造:ステンレスタンク発酵

このワイン、今月の雑誌・CREA Traveller 2020 Spring の「まだ見ぬスペインへ」のスペイン特集で、人気タベルナのページに他シーフードなどガリシア料理とともに地元産ワインとして紹介されています。


「酒の道 楽しむ未知 お酒のある豊かで楽しい生活を提案します。」by土佐酒道会・内田酒店 
 IMG_5474






 

uchidasake at 11:18|PermalinkComments(0)ワイン 

2020年04月06日

となりのおんちゃんとラガーの小瓶


今日はおんちゃんの命日です。

IMG_5569


おんちゃんは 当店が開店した翌日から逝くまで 休まず来てくれた近所の超ご常連。数々の名言と 伝説を残し 記憶に残る酒好きおんちゃん。本来なら当店立呑コーナーの皆と 思い出話で一杯やる日なのですが、コロナでできません。
顔が浮かんだあなた
キリンラガーの小瓶で一献
メイメイでおんちゃん思い出してね 。


2020年04月05日

コロナ 桜 うぐいす

酒の肴

何年か前に早起きドライブで行った徳島の桜の名所「八百萬神之御殿の八千本の桜」は圧巻でしたが、桜といえばやはり、死ぬまでに吉野の桜というやつを見てみたいものよのう。下・中・上・奥の千本桜、サクラサクラサクラ、桜の山

DSC04426

どれから来るのか コロナ怖い 売上激減 お先真っ暗 を案じても始まらず、気晴らしに、今日のドライブは吉野山気分で、土佐山から土佐町へ

早明浦ダム 湖畔の桜の木の下でお弁当広げ、一服の後、ザンジ うちに帰って一杯やりました。呑気のふりして酒を飲む。


th_DSC04427


今週バズったのは
コロナビールと
豊の梅・楽鶯二合瓶
どちらもコロナ禍の話題
「楽鶯」の鶯
発注するときに困る漢字
オジンオズボーンの
ファイヤーファイヤーセブンバード
で うぐいす 書けますよ

オンライン酒場「酔うちゅう部(youtu-bu)」

司牡丹の竹村社長がなんか始めるらしい
詳しくは火曜日になってかららしい
この話題
酒の肴になりそうね



 

uchidasake at 14:44|PermalinkComments(0)酒の肴 

2020年04月04日

「夏の生酒」の季節が始まります 大山 特別純米生酒
























今夜のおすすめ日本酒

一気に気温上昇
初夏がすぐそこまで来ています
毎朝布団の中で検温
コロナの心配から一日始め
仕事終わりに無事を感謝し
晩酌で一杯
酒が飲める幸せ
今夜のおすすめ日本酒はこれ
季節先取り「夏生」です
山形から入荷しました
やきもちやくほどうまい酒 ♪

一切の火入れをしない本生 
th_DSC04425


大山 おおやま特別純米生酒 加藤嘉八郎酒造(株)(山形県・鶴岡)

720ml 1,420 円 (税込1,562 円) 

やわらかな旨味が広がり、後味キリッと締まる、軽快で飲み飽きない特別純米生。

ほのかな吟醸香で、口に含むと優しい米の甘みと旨味が広がり、後味はキリッと引き締まります。


[分析値]
アルコール度数 15.0~15.9

日本酒度 +1~+2
酸度 1.6~1.7
アミノ酸度 0.85~0.95
使用米 出羽の里(山形)
  山形県で美山錦、出羽燦々に続いて開発された酒造好適米 
精米歩合(掛米・麹米) 60%
酵母 山形酵母、山形NF-KA


 
日本名門酒会が提案する「夏の生酒」とは、一切の火入れをしない「本生 」の生酒です。

冬に搾られたお酒を一切“火入れ”をせずに低温貯蔵させ、3月~8月にかけて出荷します。
デリケートなお酒なので、その昔は夏場に生酒は楽しむことができませんでした。貯蔵・流通・梱包技術などが整った今だからこそ楽しめる贅沢な味わいです。
その特徴は、なんといっても清涼感あふれる瑞々しい味わい。 華やかな香りとフレッシュ感はそのままに、搾りたての頃の跳ねるような荒々しさは落ち着き、なめらかで軽やかな口当たりを楽しめます。 夏に旬な酒「夏の生酒」の爽やかな味わいは汗ばむ季節にぴったり。
キリリと冷やして旬の食とあわせてお召し上がりください。




~夏に発売される生酒~
夏の生酒は、夏に出荷される、きれいな香りと爽やかな風味のある生のお酒です。このお酒は前の年の秋に収穫された新米から造られ、春まで低温で貯蔵された後、火入れをせずに瓶詰めされます。

~Summer Released Draft Sake ~
'Natsu no NAMAZAKE' is draft sake with fine fragrant aroma and refreshing flavours, which is released in the summer. The sake is brewed with new rice harvested in the previous autumn, matured at low temperature until the spring and bottled without pasteurization. 





 

uchidasake at 15:39|PermalinkComments(0)日本酒・焼酎 
ギャラリー
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3
  • 松尾のアコウと足摺 西へ3