2021年02月

2021年02月27日

南から 中取り無濾過生 が届きました

今夜のおすすめ日本酒

高知県安田町の南酒造から
人気の「南純米中取り無濾過」の
できたて限定生が入荷しました。

IMG_7210


酒を搾る時、搾られ出てくる順にそれぞれ呼び名があります。通常は、わざわざ分けずに混ざりあっています。
中取り:搾りの最初の部分荒ばしり」が出終わると澄んだ酒が出始めます。バランスの良いこの部分を「中取り」といいます。

そのバランスの良いとされる中取りの出来たて無濾過・生酒が、季節限定・数量限定の入荷です。
まろやかな香り、純米らしい旨味、バランス良くジューシー、溌剌とした酸、キレの良い辛口酒。
酒が届いてすぐ朝からリシュ、含んでみました。
柑橘というより杏仁?
いろんな香りを探そうと、
おかわりしそうになりました。
続きは晩酌で・・・。

ぜひ飲んでみてください。




南を指名のお客さんに「いろいろあるけどほんでどれが一番えいが?」って聞かれ困る時が多々あります。ランキング?逆に聞きたい。あなたの一番ってどんなが?
全種類全部制覇の方もいれば、十数年間ずっと一途に「中取り」だけの方もいます。一番高い純米大吟醸山田錦だけの方もいれば、特別純米の一升瓶だけに決めている人もいます。TPO、贈答、晩酌、予算、ご相談に乗りますが、理由も飲み方も人それぞれ。全部違ってみんないい。


ほんでどれがえいかって?

今日はこれが一番えいで。

まろやかな香りとキレの良さをお楽しみください。


純米中取り 無濾過 生酒2BY
720ml 税込¥1,485
1,8L 税込¥2,860

使用米:松山三井
精米歩合:60%
使用酵母:高知酵母
アルコール度:17度
酸度:1.7
日本酒度 :+7.0






 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uchidasake at 10:45|PermalinkComments(2)日本酒・焼酎 

2021年02月26日

松尾のアコウと足摺 西へ3

ウッチーツブヤイター

松尾の観光を終えて
帰路につく予定でしたが
コ・ドライバーが
椿のアーチを見ると言うので
アコウだけを目指してきたのに
いっちきち、もんちきち
行き当たりばったりの旅。
足摺岬方面にまた戻ります。
岬を行き抜けてしまい
岬東側駐車場で今更の作戦会議。
椿の見頃は終わったようなので
万次郎足湯を見て帰ることに。

th_IMG_E7188

係員も駐在せず無人でしたが
立派な建物でした。


th_IMG_4354

ランチもしていないし
足湯を確認して帰る予定が
眼の前に巨大な洞門が・・

th_IMG_4358

せっかくだからテクテク行く事に
本日5度目の階段下り


th_IMG_4363

ここもけっこうな下り階段
道中に鳥居が・・・

th_IMG_4364

鳥居を過ぎまだ先へ

th_IMG_E7191

海岸に降りすぐそこが白山洞門。
フォトジェニックなポイントですが
端まで歩き滞在時間10分で復路に

th_IMG_4373

急な階段です。
ここは近いので頑張れる気がする・・
結局3度の休憩でようよう
国道まで辿り着きました。
時刻は16時。
土佐清水市で夕食にしようと
時間合わせに中浜地区の
ジョン万次郎生家に寄ります。

th_IMG_4379

中浜地区の狭い路地を歩くと


th_IMG_4381

中浜万次郎生家があります。
復元ですが、


th_IMG_4385

家の中はショップと資料


th_IMG_4388

建てられて10年くらいです。
丁度時間となりました。

th_IMG_4391

寄ってみたかった
「あしずり」のお刺身定食
開店すぐの貸し切り状態
「ビリビリしちょう」
清水さばに満足し帰ります。
朝9時に家を出て20時帰宅
天気に恵まれて
日帰り11時間の全行程でした。

th_IMG_E7197

帰りも素敵な夕陽が見えました。

観光地なのに密でなく
ヌケの良い見晴らし
食べ物と景色がとっても良く
いい運動も出来き
満足の日帰りドライブでした。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uchidasake at 07:30|PermalinkComments(2)

2021年02月25日

松尾のアコウと足摺 西へ2

ウッチーツブヤイター

69カフェで教えてもらった
「青の洞窟」に行く前に
とりあえず今日の目的地
アコウを見に行きます。


th_IMG_4288

石抱アコウは海岸にあります。

th_IMG_4289

下り口には
丁度一台分の駐車場がありました。
でもだまされてはいけません。
経路が細くて急でバイク用と見ました。


th_IMG_4293

おばあが捻挫してかやりそうなゴロタ石の海岸に降りてすぐ左、思っていたのより大きな石を抱いたアコウの木がありました。

th_IMG_4295

th_IMG_E7160


th_IMG_4299


それにしても
自生のチャーテが生えているのか
あちこちにチャーテが落ちている
不思議な海岸でした。


th_IMG_4301

そして本日のメイン

th_IMG_4302

「松尾のアコウの木」
寄生している木が立派!
ここだけ樹齢の古い木が密集して
マイナスイオンが流れてました。


th_IMG_4311

天満宮から車で下り港に駐車。
青の洞窟(海老穴)を見学。
確かにしっかり青いです。

th_IMG_4313

すぐ横は緑です。

th_IMG_4315

堤防釣りをしている
親子連れがいましたので
先端まで偵察に。
丁度、
一番小さな子が竿を曲げてくれました。
上がってきたのは、
羨ましすぎるグレでした。
いいものを見たので
機嫌よく次に

th_IMG_4316

車で少し西に戻り
鵜の岬展望台へ駐車
またまた崖下ります。
急な坂道を百メーター海の方へ

th_IMG_4328

写真では表現できない雄大な絶景。
膝も笑います。

th_IMG_4321

気合を入れ展望台まで歩きます。

th_IMG_E7181

思いのほか立派な展望台が
待ち構えてくれましたが・・
復路の登りが更に辛く感じます。


th_IMG_4347


更に車で少し西に戻り
69さんおすすめの龍宮神社へ。
公衆トイレ付きの駐車場から
鳥居を抜けてテクテク下ります。
本日4度目の崖坂下り。


th_IMG_4331

林を抜け素敵な景色がお出迎え
先の方に龍宮神社が見え
なかなかの階段に怯みます。


th_IMG_4335

やっと
到着

磯の先端には釣り師達の姿がありました。
竿・バッカン・餌に仕掛け・飲み水
クーラーBOX全部持ってあそこまで
そして帰りは、釣れた魚も・・・
そして登り坂・・・


th_IMG_4340

釣れる気がします。
やる気はあります。
次回はぜひ竿を持って。
景色を見て
入れ食い祈願のお参りも済まし復路に


th_IMG_4332

今日は手ぶらですから
楽勝です。

     




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月24日

松尾のアコウと足摺 西へ

ウッチーツブヤイター

先週のお出かけびより日曜休日

こんな日はモーニングうどん!
普段なら根曳峠からの
讃岐うどんなのですが
自主自粛で越境せず西へ西へ 
今回は高知新聞で紹介されていた
松尾のアコウ目指して走ります。
th_IMG_4257

朝うどんに行く?
もう一人のウッチー誘い
9時出発です。

th_IMG_4258


カエルがお迎え

朝うどん
なかむらや
さんに初入店。

th_IMG_4261

うどん1,5玉
うどん2玉
わかめ1皿で660円也

先週の
立川蕎麦事件の経験を活かした
勝利のメソッド!
朝9時から営業と調べています。
ここから一気に松尾を目指します。
 


th_IMG_E7145

2017,4,26 足摺方面へひとっ走り パワースポット唐人巨石群へドライブ 
以来の足摺ドライブです。
大岐の浜から
コ・ドライバーもマツコネも使わず
なんとなく走ります。
ふるさと林道を走り321号に突き当たり
右か左かで迷ったが今回は、
正解の左にハンドルを切りました。
ロスタイムなしUターンなし
12時30分に松尾に到着です。
 th_IMG_4281

吉福家住宅駐車場に車を置き
眼の前の物件に興味も示さず
波の音のする方に

th_IMG_E7147

磯を見に行かなくちゃ


th_IMG_4269

コロナ太り対策も兼ねますので
今日はドンドン歩きます。
すぐ気づきましたが・・・
急な坂下りたら・・・
復路は必ず後悔します。

th_IMG_4268

女城鼻監視哨跡を抜けると
絶景がお出迎え

th_IMG_4271

落ちたら死ぬ「火サス」の眺め

th_IMG_E7149

グレが・・
お魚が・・
臼碆はどれだ?
ジオサイト女城鼻
飛沫の当たる先の方まで

th_IMG_E7152

松尾の磯に始めて来ました。

th_IMG_E7154

もう
釣れそうな感じがビンビンします。
突先に磯釣氏が一人、太公望です。
今度は竿持って来よっと!

さてアコウの木を見にいきます。


th_IMG_4282

松尾漁港の入り口には

th_IMG_4283

松尾天満宮の回り舞台という
立派な舞台があり

th_IMG_4285

漁港を見下ろす場所にカフェ

th_IMG_4286


ぽっかぽかの陽気
もちろんアイスコーヒー
テイクアウト注文
砂糖入りミルク抜きが私のお気に入りです。

th_IMG_4287

いつものようにツアー行程
下調べはしていないので
アコウの木がわかりません。
ラッキーな事に69さんから
手作りの見どころ地図 を頂き
親切なガイドを受けました。
初めて聞いた「高知の青の洞窟」というところにも行ってみましょう。

th_IMG_4398


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月23日

旧立川番所書院

ウッチーツブヤイター

先日バレンタインデーの日曜は
旧立川番所書院まで
蕎麦を求めてドライブしてきました。

立川蕎麦を食べる
と 重文
一石二鳥の完璧な計画です。

th_IMG_4240

いつも走っている高速道路
上の方に見えます。
笹ヶ峰トンネルも見えます。

IMG_7092


間違える筈のない一本道・・
いつものパターンで
天才的に見落とし
せっかくだから土佐北街道
限界まで進みます。

IMG_7098


th_IMG_4228


未舗装道は苦手なので
泣く泣くUターン・・

ジムニー欲しいシチュエーション。
セローでもいいか・・



th_IMG_4233

Uターンして10分。
番所駐車場に到着。
そばランチにピッタリの時間。

th_IMG_4232

詰んだ・・

2月14日は閉まっています。
ドライブするたびに
夫婦関係の亀裂が深まります。

th_IMG_4238

現地には
立派な撮影ポイントがあり
コレを登れば

th_IMG_4237

はい
完璧アングル!

th_IMG_4242

IMG_7109


一人210円支払えば
近所の素敵な女性が重文
建物内を案内してくれます。

IMG_7108

川井さん鈴木さん、ゆとりすとパーク、茅葺き原料、大豊とうふ、福寿草、大豊の勉強をしました。

th_IMG_7104

お殿様が使った門
残念ながら館内には目ぼしい物は何もありません。
でも・・
ラッキーなことに
アメちゃん貰えました。

IMG_7099


蕎麦が食べられなかったので
もちろん昼抜き。

大急ぎで晩ごはんに
不機嫌になる前に
高速で帰りました。






 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年02月22日

2/22 猫の日 たま荒ばしり

今夜のおすすめ日本酒

今日2月22日は、ニャンニャンニャンと「ねこの日」だそうで、高知県田野町の濱川商店から この日にちなんだ酒、今年も限定入荷です。


IMG_7127


ピュアな柑橘系の香りほのかな甘み、シャープなキレ味で好評の定番商品「美丈夫・純米吟醸たまラベル」の、季節限定バージョン「荒ばしり」です。定番のラベルでは、樹の下にいる「たま」が、季節限定「荒ばしり」では、屋根の上にいます。ニャーニャーいうてるのでしょうか。
去年までは、一升瓶だけの商品でした。今年は720ml 
四合瓶 でもリリース。ご家庭の冷蔵庫にも入るサイズでお求めやすくなりました。ぜひ、おうち居酒屋のラインナップに加えてください。
「荒ばしり」だけを集めた、より瑞々しい果実味フレッシュさ溢れる味わい。
今、コレ、旬!

今夜はこれをおすすめします。
ニャンニャンニャン。




「荒ばしり」とは、
酒を搾る時、搾られ出てくる順にそれぞれ呼び名があります。通常は、わざわざ分けずに混ざりあっています。
荒ばしり:最初の部分。わずかに薄く米のオリが含まれ荒く華やかフレッシュな味わい。
中取り:「荒ばしり」が出終わると澄んだ酒が出始めます。バランスの良いこの部分を中取りといいます。
責め:「中取り」が出終わると圧力をかけて絞り出します。「責め」られて雑味も出ます。



 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uchidasake at 10:00|PermalinkComments(0)日本酒・焼酎 

2021年02月21日

近所のあんぱん 桜の季節 

嫁サボって・・・

あんこ大好き
酒飲みですが甘党です。

th_DSC05095


近所のリンデンさんのあんぱんが好きです。ガワが程よい薄さで程よい甘さのあんこと相まって手軽に至福の時を味わえます。エネルギーの切れる5時頃にうぐいすあんにするかこしあんにするか全部買うか 悩むのも好きです。一個75円のミニあんぱんを一つずつ全種類買って順に全部食べるのはとっても贅沢なおやつタイムです。



th_DSC05090

今日は特別に桜あんぱん

店の前のさくらんぼ
あっという間に満開です。
今日も張り切っていきましょう。







 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uchidasake at 11:06|PermalinkComments(0)嫁サボって・・・ 

2021年02月20日

文佳人 純米吟醸 土佐麗とさうらら

今夜のおすすめ日本酒

高知県土佐山田町のアリサワ酒造から
春の酒が入荷しました。
華やかなピンクラベル。
ソメイヨシノはまだですがもう桜の季節始まっています。

今夜はこれをおすすめします!

IMG_7137



原料米は、高知県の新たな酒造好適米ブランド品種「土佐麗」とさうらら


IMG_5471
 
文佳人 純米吟醸 土佐麗とさうらら
< 令和2年 Brewery Year >
720ml 税込 ¥1,650
要冷蔵

柔らかな香りとふわっと軽やかな味わいが、うららかな春の訪れにぴったりの優しいお酒です。ピンクの桜の花びらが散りばめられた華やかなラベルも素敵。文佳人純米吟醸・米違いシリーズの他の酒と並べてラベルデザイン比べ違いの工夫を見ながら一杯いかがですか。

家飲み花見のマストアイテム。
おすすめです。 



2020,2 去年の写真から
th_IMG_2098

th_IMG_2100
2020,2 去年の写真から

この時期になると舟入川沿い大津食品団地(北側の土手)の河津桜の開花状況が気になります。暖かくなったので早朝ウオーキングとかいいですね。


思いながら遠いので無理です。
思い浮かべるだけ。
思いながら一杯やります。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uchidasake at 15:01|PermalinkComments(0)日本酒・焼酎 

2021年02月19日

日曜定休 祝日営業


日曜定休祝日営業
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uchidasake at 10:28|PermalinkComments(0)内田酒店 

2021年02月18日

土佐しらぎく薄氷

今夜のおすすめ日本酒

高知県・芸西の仙頭酒造から
春を呼ぶ、季節限定生
入荷です。

IMG_7130

その名は「薄氷うすらい」


高知県の山間部で生産されている酒造好適米「吟の夢」を100%使用した季節限定酒です。
薄氷とは、春浅い頃に張った薄い氷のことをいいます。<薄氷>の様に一足先に春を感じさせてくれるフレッシュでフルーティーな味わいに仕上げたほんのり霞がかった純米吟醸です。
フルーツトマトのカプレーゼ、わかさぎの南蛮漬け等、甘酸っぱいお料理に良く合います。


IMG_7130

土佐しらぎく薄氷 純米吟醸 吟の夢 生
720ml 税込¥1,650 要冷蔵


今夜は、春を想いながら
しらぎくの優しさに包まれてみませんか。












  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uchidasake at 16:12|PermalinkComments(0)日本酒・焼酎 
ギャラリー
  • 梶ヶ森 ハイキング タラの芽
  • 梶ヶ森 ハイキング タラの芽
  • 梶ヶ森 ハイキング タラの芽
  • 梶ヶ森 ハイキング タラの芽
  • 梶ヶ森 ハイキング タラの芽
  • 梶ヶ森 ハイキング タラの芽
  • 梶ヶ森 ハイキング タラの芽
  • うちで夏生試飲会
  • うちで夏生試飲会